福島県福島市大森にある行政書士事務所です。初回相談は無料。土日営業、祝日対応可。防災防火やHACCP(ハサップ)の考え方を取り入れた衛生管理計画の作成のお手伝いをします。

防災防火関係

  • HOME »
  • 防災防火関係

 この度の台風19号の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
 被災された皆様が、一日も早く平常の生活に戻ることができますようお祈り申し上げます。

自主防災組織

 長年、危機管理の仕事をしておりましたので、仕事で培った経験をもとに、当事務所では自主防災組織の組織作りのお手伝いをしております。

 昔は『防災』と言われていましたが、現在は『減災』と言われています。
 台風や地震などの自然災害には、人間はちっぽけで太刀打ちができません。
 では、自然災害から身を守るにはどうしたらよいでしょうか?
 災害による被害を最小限に抑える(減災)ためには、「自助」・「共助」「公助」の連携が重要です。

  ・ 『自助』・・・自分の命は自分で守る
  ・ 『共助』・・・自分たちのまちは自分たちで守る
  ・ 『公助』・・・県・市町村などの行政や防災関係機関による救助・援助等

 被災地域では、発災直後から、いろいろな所で災害が同時発生し、全ての災害現場に消防が駆けつけることは不可能な状態となります。
 災害発生直後は、公的機関による被災者支援等の緊急対応(『公助』)には限界があります。

 また、被害を最小限に抑えるためには、発災後早い段階での救助が必要となります。
 そのような状況の中では、地域住民一人ひとりが、「自分たちの地域は自分たちで守る」という『共助』の取り組みが大変重要です。
 そのためには、出火の防止、初期消火、災害情報の収集伝達、避難誘導、被災者の救出・救護、応急手当、給食・給水の実施等、地域単位の自主的防災活動が求められます。 これらの役割を担う組織が『自主防災組織』です。

 今回の台風第19号では、気象庁やマスコミが、『命を守る行動を!』と呼び掛けていました。
 車がない老人は、自宅から離れた避難所へ足を運ぶことができません。
 そんな時、『おばあちゃん、いっしょに避難所へ行こう!』と、声をかけるのも『共助』です。

 常日頃からの隣近所のお付き合いが、『共助』の原点で、町会という輪が『自主防災組織』です。

自治会長さんや町会長さん、こんな悩みはありませんか?

 ・ 何十年も前に結成したけど、訓練をやっていない、どうしたらいいのかわからない
 ・ 何十年も前に結成したけど、今の災害に対応できるのか不安
 ・ 町会長になったけど、どうしたらよいかわからない
 ・ 最近できた団地だけど、自主防災組織がない
 ・ 自主防災組織を結成したいけど、どうしたらよいかわからない  

お任せください。

 長年、危機管理の仕事をしておりましたので、仕事で培った経験をもとに、当事務所では自主防災組織の組織作りのお手伝いをしております。

あなたの対象物の消防計画書は、大丈夫ですか?

 令和元年10月31日、那覇市にあります首里城が焼失し、貴重な文化財も焼失したとみられます。

 このような火災や地震などの万が一の災害に対応するために消防法では、防火・防災の管理制度が定められています。
 スーパーや社会福祉施設、病院などでは、被害を最小限に食い止めるための実効性の高い消防計画を求められています。
 当事務所では、消防計画書の作成や防火・防災の管理制度などのサポートを実施しております。

消防計画とは

 消防計画は、それぞれの建物(防火対象物)やテナントにおいて、火災が発生しないように、また、万一火災が発生した場合に被害を最小限にするため、実態にあった計画をあらかじめ定め、職場内の全員に守らせて、実行させるものです。

あなたの作成した消防計画は、実態にあっていますか?

 消防署から頂いたひな形やネット上で見つけたサンプルは、穴埋めをしたり、削除することにより完成できる消防計画書で、あなたの建物(防火対象物)の実態に即しているものではないはずです。
 当事務所では、あなたの建物(防火対象物)の実態にあった消防計画を作成し、訓練や教育により、実効性の高いものにしてまいります。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-2793-3304 平日(月曜日を除く):8:30~19:00、土日:9:00~17:00(時間外、祝日も柔軟に対応)

PAGETOP