「相続」に関する用語集 た行

初めてでもわかる相続用語と説明 た行

代襲相続(だいしゅうそうぞく)

本来、相続人になるはずの人(法定相続人)が死亡などの理由で相続ができないときに、その人の子などが代わりに相続することです。
被相続人から見て、孫、ひ孫、甥、姪などが、相続財産を受け継ぐことをいいます。

直系尊属(ちょっけいそんぞく)

「直系」とは、タテの血縁関係をいいます。
「尊属」とは、目上の者を指しますので、自分の父母、祖父母、曾祖父母などをいいます。

直系卑属(ちょっけいひぞく)

「直系」とは、タテの血縁関係をいいます。
「卑属」とは、目下の者を指しますので、自分の子供、孫、曾孫などをいいます。

初回相談無料は、こちらから