「相続」に関する用語集 さ行

初めてでもわかる相続用語と説明 さ行

死因贈与(しいんぞうよ)

贈与者(あげた人)の死亡によって効力が発生する贈与のことです。

受遺者(じゅいしゃ)

遺言により財産を受け取る人のことです。

受贈者(じゅぞうしゃ)

贈与契約によって財産をもらう人のことです。

初回相談無料は、こちらから

除籍謄本(じょせきとうほん)

婚姻により夫婦で新しい戸籍を作る際に親の戸籍から除籍される場合や、死亡によって除籍される場合などがあります。
戸籍に記載されていた全員が除籍になった場合は、戸籍そのものを除籍といい、この戸籍を証明として発行したものが除籍謄本といいます。

同じ戸籍に複数の方がおり、その中のおひとりが亡くなっても、同じ戸籍の中に残っている人がいれば、除籍謄本とはなりません。
例えば、ご夫婦とお子さんの戸籍がある場合、お子さんが結婚してご両親とも亡くなった場合には除籍謄本となります。
しかし、お父さんが亡くなっても、お母さんが健在であれば、除籍謄本とは言わず、戸籍謄本となります。
 ・戸籍謄本
 ・全部事項証明
 ・除籍全部事項証明

除籍全部事項証明(じょせきぜんぶじこうしょうめい)

電算化済の自治体では、除籍謄本を「除籍全部事項証明」といいます。

全部事項証明(ぜんぶじこうしょうめい)

戸籍がコンピュータ化(電算化)され、横書きの戸籍が導入されている自治体では、戸籍謄本を「全部事項証明」といいます。

相続関係説明図(そうぞくかんけいせつめいず)

主に不動産の相続登記申請時に必要となります。
相続関係説明図と戸籍謄本等をセットで法務局に提出することで、後に戸籍等の原本を返してもらう事ができます。

※似ているもので、「法定相続情報一覧図(ほうていそうぞくじょうほういちらんず)」がありますので、下記を見てください。

相続放棄(そうぞくほうき)

相続人が、遺産の相続を放棄することです。
遺産のところで説明しましたが、遺産には「負の財産」も含まれます。
例えば、土地を売却しても借金を返せないという場合は、家庭裁判所に申述(申し述べること)をして、相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がないことにすることです。
相続の開始があったことを知ったときから、3か月以内にしなければなりません。
裁判所:「相続の放棄の申述

初回相談無料は、こちらから